スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガールズ
thgirl1The Girl (2000 USA/フランス)  to_IMDb to_Wikipedia(英)
ガールズ   オススメ度 ★★★☆ 3.5/5

パリを舞台に、クラブ歌手と画家の恋を描くスタイリッシュな映画。米仏合作でセリフは英語。

主役の二人がほんとにきれいで、それだけで一見の価値ありです。こういう雰囲気のカップルはどこかで見たような感じで、この作品のなかでキャスティングが一番リアリティあるかも。

コントラストの効いた色彩や風景の切り取り方、画家のナレーションで淡々と話が進むあたり、フィルム・ノワール(Wiki日)風と言っていいんでしょうか。映像とジャズを基調とした音楽はすごくいいです。

ただ、どうも作品のテーマが曖昧な感じ。わがままで気まぐれでその実温かみのある歌手と、クールで内省的なアーティスト。その二人のあいだに暴力的に入ってくる男。女性二人の名前は出てこないし、"男"にはセリフがない。効果的ではあるんですが、画家の視点からの話に具体性がないので物足りないです。ミステリにするとかあるいはもっと観念的にするとか、もう少し話の方向がわかりやすいとよかったかなと。

歌手"The Girl"役 クレール・ケーム
thgirl2画家はナイトクラブで出会った歌手"The Girl"を「アニュス・デイ」と呼んで、ホテル住まいの彼女の部屋に通うようになります。最初は一夜限りと言っていた歌手も画家を「Lover」と呼ぶように。画家にはブ・サヴェというよき理解者で長年の恋人もいます。でも歌手の陰で見え隠れしていた男がしだいに二人を引き離そうと脅しはじめ、トラブルの渦中にいることに気づく画家。男は実はクラブのオーナーで、店のものはすべて自分の所有物と思っているよう・・・。

画家役 アガト・ドゥ・ラ・ブライユ
thgirl3サンド・ジーク監督のパートナーで共同脚本のモニク・ウィティグの短編を映画化したもの。プロデューサーは『2ガールズ』『All Over Me』『ハイ・アート』などのドリー・ホール。音楽は『ハワーズ・エンド』でアカデミー賞候補になったリチャード・ロビンズ(goo映画)。

ブ・サヴェ役のサンドラ・ヌカケは本業が歌手。Deezerで聴いたらよかったのでリンクを。Deezer Sandra Nkake playlist

ところでこの映画、Allcinema(ガールズ)で邦題がついていたので調べたら、ツタヤでレンタル(ツタヤ)が出ていました。字幕付と吹き替え版があって、エロティックのジャンル。で、驚いたのが、DVDのカバー。作画って言うの? ひどすぎる。別の映画かと思ってじーっと見ちゃいましたよ。"禁断のヒーリング・レズビアンエロス""ユリの花に癒される快感"・・・(笑)。まあ裸もラブシーンもありますけど。でもアメリカではR指定もないし、私はどちらかと言うと虚無的でロマンティックな映画じゃないのって思います。Peace. ピース

thgirl4



The Girl

ファンのフォトMV。曲は Nora Jones - Those Sweet Words。

thegirl05the_G_1 ~9まで。
Official site
Claire Keim クレール・ケーム公式サイト
Agathe de La Boulaye アガト・ドゥ・ラ・ブライユ公式サイト
Sandra Nkaké MySpace サンドラ・ヌカケ
・日本版発売元:オンリー・ハーツ to_Amazon (日) 輸入版DVD   to_Amazon (米)








スポンサーサイト
Robin's Hood
RobiHo1Robin's Hood (2003)   to_IMDb
ロビンズ・フッド  オススメ度 ★★★ 3/5

タイトルそのままに、スジだけを見ると"ロビンフッド"風。カリフォルニア州のオークランドを舞台に、泥棒のブルックリンとソーシャルワーカーのロビンが銀行強盗をして、その金を貧しい地域の施設にばら撒くという話。

"hood"にはチンピラとか近所という意味もあるので、強盗のときにかぶるウィッグも含めて、タイトルにはいろいろ意味を重ねてあるようです。

ただ、義賊のヒーロー/アクション物とは違う感じ。女性二人の恋や性格描写のほうがインパクトがあって、低予算のせいか銀行強盗にあまり仕掛けがないんですね。単純な悪者も出てこないし、ミュージックビデオみたいなところもあります。

ちょっとフェミニズムの裏街道って感じもするので、もう少し全体のグレードが上がると新種のアウトロー映画としてもっと面白くなったんじゃないかと思います。  

RobinBrooklynブルックリン(左)とロビン。この作品はキャラクターが前面に出ていて印象的。

フランス人の売春婦と刑務所暮らしの長い父親のあいだに生まれて、泥棒を生業とするブルックリン。ソーシャルワーカーのロビンに一目ぼれして、初めて本気で人を好きになります。ロビンのほうもブルックリンに引かれますが、お役所仕事の冷たさに憤慨して転職したり妊娠がわかったりして、人生の転機を迎えます。そこに銀行強盗を計画したブルックリンと相棒のモンローに誘われて、ロビンは見張り兼運転手として加担することに・・・。  

バイクに乗るブルックリン。車の整備もできる
Robbikeネタバレ:
これね、妙に現実的なのに泥棒の犯罪性をスルーして最後はハッピーエンドなんですね(笑)。子供を肩車して歩くラストシーンはほのぼのしちゃってます。あとブルックリンのナレーションがフランス語で英語字幕が出てくる。ハリウッド映画じゃありえません。

ブルックリン役のClody Catesは役を作りこんでいる感じでなかなかいいです。ロビン役のKhahtee V. Turner はL系の作家だそうで、共同で脚本も書いていて、見るからに知的。疲れて深夜映画でもボーっと見たいようなとき、あまりキラキラした映画だとメモリ不足でフリーズしそうだわってときに、こういうのいいかもしれません。Peace. ピース



Robin's Hood

予告編。制作者が出しているイメージクリップはこちら:Robin's Hood, Clips

RobHoo4・ビデオは削除。
Official site
Clody Cates MySpace クローディ・ケイツのページ
Khahtee V. Turner 雑誌"Curve"の2004年のインタビューの出だしだけ。元はもうないようです。作家で子供向けのアートスタジオ(SCP)を主宰しているとのこと。
Wolfevideo
to_Amazon(米)

*これ途中まで書いてたらYTから削除されてたんですが、今度いつ出るかわからないので記事をアップします。スポンサーサイトも消したいので。







Shugar Shunk / Gillery's Little Secret
shugarsh1Shugar Shank (2006)  to_IMDb
シュガー・シャンク  18分

10代で経験する夢と現実のギャップや、熱がフッと冷めて足元に立ち返る感じがよく出ている作品。

IMDbでは評価がイマイチですが、成長過程で恋愛至上主義じゃない着地の仕方を描いているのは、私はいいと思いました。

トムボーイ系の高校生マット(マチルダ)は片思いのロビンと"Shugar Shunk"という憧れのバンドを作ります。でもヴォーカルとドラムを入れて練習していくうちに、ドラッグをやって学校をサボり、家族をうとましく思ったりして歯車が狂っていきます。マットを慕う小学生の弟はそんな姉を見て寂しそう。そしてついにロビンとヴォーカルのエヴンが親しくなるとマットの緊張が高まって・・・。 

shugarsh2主役のケストリン・パンテラは女優兼チェリスト。HPなどで見るとちょっと変わったきれいなお姉さん風で、マット役とは印象が違います。ベック(Wiki)の"Black Tamborine"のMVで踊ったのがデビューのきっかけとか。

写真左端はエヴン役の、米TV『カイルXY』に主演したマット・ダラス(Wiki)。

最後にあの水槽、ほったらかされた弟や滅入ってるマットの気持ちを象徴してるみたいでしたね。それにしてもあんなに濁るなんて、撮影のためにわざとかき混ぜたとか? お掃除魚の投入もいいけど、餌を減らしてフィルターを見直しますね、私なら。って訊いてないか。(笑)

Shugar Shank YT動画。発売元がアップしていて、18分丸ごと。映像もきれい。
Meredyth Wilson HP "Shugar Shank" 監督のサイト
DVD Verdict review 短編集DVD"She Likes Girls"のレビュー
Kestrin Pantera HP / Kestrin YT channel / Kestrin's Reel (test) マット役のケストリン・パンテラのHPなど。




GLsecret1Gillery's Little Secret (2006)  to_IMDb
ギラリーズ・リトル・シークレット  25分

『Xファイル』などに出ているアナベス・ギッシュ(写真右端)が主演。彼女の魅力と映像の雰囲気はグレードが高いです。ただいろんなアングルの話が25分に詰まっている感じも。以前紹介した"In Twilight's Shadow(e.m.)" のScorzafarva監督の作品。

大学教授のギラリーは20回目の高校の同窓会で故郷に帰ってきます。それを待ちわびていたのは、初恋の人バーナデットの娘ブレイク。自分の出生に秘密があると思っているブレイクの登場で、過去と向き合うことになったギラリーは恋人のアビーに側に来てもらいます。そして事故で亡くした両親の葬式以来18年ぶりに会ったバーナデットから、ブレイクがギラリーとの愛を思い出させる存在であって、娘の人生の師となってほしいと言われ・・・。

ネタバレ:
これ、もちろんバイオテクノロジーがそこまで進んでいないので、ブレイクはバーナデットとギラリーの兄(弟)とのあいだの子供なんですが・・・。若かったとはいえ愛の想い出に相手の兄弟の子供を黙って産むというのはドラマティックで、見る側としては短編では消化しきれないような。それと昔の恋人とのあいだの未解決な感情も、もう少し時間をかけて描ければよかったかなと思います。Peace. ピース

GLsecret2
ギラリーとアビー



Film Gillery's Little Secret

予告編。

gilleryslittlesecret1~3まで
Liquid Filmworks プロダクション・サイト
Logo Gillery's Little Secret 作品について。"WATCH IT!"は現在映像が出てこない。
AfterEllen Review 短編のレビュー。この作品は2ページ目。








Mars / Lightswitch
2回に分けて短編を4つご紹介。
短いし、応援の意味を込めて、全部まとめてオススメ度 ★★★★ 4/5


mars1Mars (2007 ドイツ)  to_IMDb
マルス / マーズ  16分

不良グループのリーダーと、写真を撮るのが好きな一匹狼系理想家の出会い。

これ結構好きです。モノトーンっぽい映像がきれいで、音楽もいい。ちょっと主流から外れた10代の2人が惹かれあって変化していきます。現実的なようで、夢がある感じ。主役2人が役柄にぴったりです。ただ残念ながら、英語字幕が極小で、DLして目をこらしてもよく読めないという・・・。ま、でも内容はわりとシンプルで見たままです。

mars02リリーは不良仲間のリーダー。チェーンスモーカーで、カツアゲして粋がっています。そこをたまたま通りがかって写真を撮ったアナ。リリーは自分を怖がらないアナに興味を持ち、アナは写真で捕らえたリリーに惹かれるものを感じます。二人は接近して、キスして・・・でもリリーは、不良仲間とアナのあいだで選択を迫られます。

監督の Marcus Richardt は90年代にはハードロックバンドのヴォーカルだったとか。その後映像を学んだそうです。

Mars1~2 YT動画
Logo The Click List Mars 作品について。[Watch It!]をクリックするとポップアップ画面が出てきます。



lightswitch1Lightswitch (2009 オーストラリア)  to_IMDb
ライトスイッチ  25分

ビジュアルのいいカップリングで、2008年にカムアウトしたカイリー・ワトソン(左写真左)が出ているのが一番のポイント。下にリンクした写真集はおススメ。

締め切り間近のライティングを抱える学生のダニエルは、自転車で事故って近くのバーへ。そこでバイクを乗り回すショーナと出会い、二人のあいだにケミストリーが生まれます。後日偶然会って、海へ誘われるダニエル。楽しく過ごした翌朝、ダニエルはショーナにかかってきた電話に出て、彼女が病気だと知ります・・・。

ネタバレ
うーん、これ、長いミュージック・ビデオみたいな感じです。"Sometimes a story has to be lived before it can be told."というテーマらしいんですが・・・話のバランスが悪い気がします。(ちょっと聞き取れない英語があるせいかも 汗) たぶん「見る前に跳べ」っていうか、書く前に心のままに生きてみようってことかと? ということは、最後ダニエルはショーンに会いに行ってるんですよね・・・?
ダニエルとショーナ(右)
lightswitch2カイリー・ワトソンは元モデルで、自分がゲイと気づいたのもその頃だそうです。 '00年~'02年にオーストラリアのTV番組"Home and Away"でライフガードの役を演じました。その後インテリア・デザイナーとして成功。'09年にこの作品ともう1本短編に出ているようで、女優業を再開したんでしょうか。ジャズとオペラと油絵が好きとのこと。それに『Lの世界』とジェニファー・ビールスも好きみたいです。Peace. ピース



FilmLightswitch

予告編。

lightswitch1 ~part3まで。 
Lightswitch Official Site 公式サイト
Flickr promo photos この作品のプロモのための写真ショー おススメ! きれい。
Cherrie Magazine interview カイリー・ワトソンがカムアウトした記事
"Home and Away" Kylie Watson Clip
TV Interview 2008 カイリー・ワトソンTVインタビュー 








荊 [いばら] の城
ibara01Fingersmith   (2005 UK)  to_IMDb
荊[いばら]の城  オススメ度 ★★★★★ 5/5

2002年のブッカー賞(Wiki)候補になったサラ・ウォーターズの小説を、BBCがTV映画化したもの。3パート各1時間。DVDでは1時間半の前後半になっています。

19世紀半ば、ヴィクトリア朝時代のロンドンと郊外の城館を舞台に、対照的な二人の女性の出会いと運命を描くゴシック・ミステリーロマンス。

これは翻訳本もDVDも出ていて、L系作品のベスト10に入れる人は多いんじゃないでしょうか。私はドラマを先に見てしまって強烈な印象だったので、残念ながら本は入り込めずに途中リタイア。「このミステリーがすごい!(Wiki)」の2005年の海外部門で1位の作品。ちなみに『半身(e.m.)』は2004年の1位。

ドラマはすごく完成度が高くて、脚本も役者も素晴らしいです。感情の動きが鮮明に伝わってきて息詰まる展開。人間不信に陥りそうなくらいミステリーの仕掛けがショックですが、登場人物にそれぞれ理由も可愛さもあって、そのままエンディングまで一気に連れ去られる感じです。見終わってため息が出ちゃうのでもうホント一大ラブロマンス・・・。

ibarano03


ロンドンの猥雑な下町で故買屋一家に育てられた孤児のスウと、精神病院で富豪の母を亡くして伯父が管理するブライア城に引き取られたモード。そしてそのモードが相続する財産を狙う詐欺師のリバースと、スウの育ての親で捨て子のスリ達を束ねるサックスビー夫人。それぞれの思惑が交錯する物語は、スウがモードの侍女となってリバーズの結婚詐欺を手助けすることから始まる・・・。

あらすじはこちらを:allcinema:荊の城

ibarano5役者がいいですね。エレイン・キャシディのモードは可愛いし、サリー・ホーキンスのスウは切ない。すごい展開なのにドロドロ系にならずに清潔感があって浸れます。こういうの見ると、人間あきらめちゃダメだなって・・・?(笑)。

サリー・ホーキンスは昨年"Happy-Go-Lucky (2008 YT予告編)"でゴールデングローブ賞の主演女優賞を受賞しています (授賞式YT動画)。あとサックスビー夫人のイメルダ・スタウントン。『ヴェラ・ドレイク』(2004)などが代表作ですが、私的にはおバカなコメディ、『こちらホゲホゲ法律事務所(ファンの記事)』のステラがお気に入り。残念ながら、ビデオは削除されてました。

サラ・ウォーターズが"Tipping The Velvet(e.m.)"に続いてカメオ出演しています。冒頭から5分くらいの、ブライア城に着く幼いモードを迎える右端のメイドで、モードが手袋を投げつけています。Peace. ピース



フィルム Fingersmith

予告編。

ibara02Fingersmith parte1~parte20まで
Fingerthief playlist 前半だけ。
Behind the Scenes part1 & part2 メイキング
Wikipedia (英)
BBC official site
AfterEllen.com review レビュー
DVD Times review レビュー
Fingersmith Fever ファンサイト 2007年まで?
to_OpenSubtitles 英語字幕    to_Amazon 本+DVD








Nikki & Nora
nikkinora001Nikki & Nora (2004)   to_IMDb
ニッキ&ノラ オススメ度 ★★★ 3/5

レズビアンカップルの捜査官シリーズを目指して作られたパイロット版。メジャーなTVネットワーク(UPN)初ということで期待されたんですが、結局放送されませんでした。

でもYTなどでは根強い人気で、"Better Than Chocolate" のクリスティーナ・コックス(写真下)のファンには必見。

内容的にはオーソドックスなコンビの刑事物で、レズビアン色も薄め。二人の感じがいいのに、採用されなかったのはホント残念です。

ルイジアナ州ニューオーリンズ警察の特殊犯罪捜査官、ニッキとノラは公私ともにパートナー。ファッション・フリークのニッキは名士の娘で、セクシュアリティなど気にしない様子。いっぽうノラは偶然知られてしまった警官の弟以外には、家族や元パートナーの上司にも二人のことは秘密。早くカムアウトすればと、ニッキにつつかれています。そんななか旧家の娘が殺害され、ニッキのハイソつながりで事件を担当することに・・・。

nikkiandnora
ニッキ(左)とノラ。犯人捕まえたところ。

『ミリオンダラー・ベイビー』でスタントもやったというクリスティーナ・コックスが走りまくってカッコいいです。フレンチ・クォーターのパレードのシーンとか、ニューオーリンズらしい風景に気分だけでもミシシッピ♪ 

あと彼女達の同僚の刑事役に『Lの世界』のターシャが出ています。

"3Way(公式HP)"というWEB配信のレズビアン・コメディがあって、私はちょっとジョークがわからなくてあまり見てないんですが、そのなかで"LadyCops"というファンサービスみたいな劇中劇を二人でやっています。ちなみに"3Way"は"South of Nowhere"の母親ポーラ役の人が主演。Peace. ピース



フィルム Nikki & Nora

ファンのMV。

NikkiNora4Nikki & Nora playlist part1~4
3Way + LadyCops playlist
[Wiki]
AfterEllen.com interview 制作プロデューサーへのインタビュー2004年5月
Interview with Christina Cox クリスティーナ・コックス記事 2009/07/30
Interview with Liz Vassey リズ・ヴァッシー記事 2009/09/08








彼女の彼は、彼女
frenchTwist1Gazon Maudit / French Twist  to_IMDb
(1995 フランス)  彼女の彼は、彼女
オススメ度 ★★★☆ 3.5/5

ひょんなことで人妻といい感じになったブッチ系レズビアンと、誘惑されてがぜん輝いちゃった妻、ブッチと張り合う浮気性の夫という、3人の懲りない面々のコメディ。

ブッチ役のマリジョを演じているジョジアーヌ・バラスコの監督作品です。フランスでは大ヒットして"セザール賞"で脚本賞を受賞。日本では'95年第3回フランス映画祭 (横浜)に来ていて、VHSのレンタルもあるようです。

えー、なんかもうこれ、おかしくて笑っちゃいます。いいかげんというか、太っ腹というか、フランス流人間万事塞翁が馬って感じ? 考え方ひとつで修羅場も乗り切って、弁護士もセラピーもいらない、愛は本人達しだいよって話 (たぶん)。ムードミュージックがトレビアン♪

まじめなあらすじはこちら:goo映画 (舞台はパリじゃなくてスペイン寄りの南仏じゃないかと。)

私的あらすじ :
恋人が経営するレズクラブでDJをしていたマリジョは、浮気されてパリを抜け出し南仏へ。途中車がオーバーヒートして立ち寄った家で、元ダンサーの主婦ロリの笑顔に一目ぼれ。ロリもまた久しぶりのくどき文句にふら~っとなびきます。翌日、夕食のお礼に夫婦をレストランに誘ったマリジョですが、ロリといちゃついてるところを夫のローランに見つかって一騒動。そこから女二人のプチ逃避行、夫の浮気発覚、マリジョを家に連れ込むロリとなって、ひとつ屋根の下で夫と妻とその恋人の新生活がスタート。その後夫婦が寄りを戻してしまい、ロリは夫と恋人で週を2分するシフト制を採用します。ところがそこにマリジョの元カノが現れたものだから・・・。

frenchTw2
元ダンサーのロリと踊るマリジョ。

この映画、行くところまで行ってるのがいいです。笑いも尖ってなくて大人っぽい。レズビアン的にロマンティックさやリアリティはあまりないんですが、広~い心と人類愛が伝わってくる異色作です。
ジョジアーヌ・バラスコ
frenchT3ジョジアーヌ・バラスコはコメディからシリアスなものまで幅広く活躍する女優で監督、作家。今年3月に『顧客』という作品でフランス映画際のために来日しています。ミュリエル・バルベリのベストセラー『優雅なハリネズミ』を映画化したもの(YT予告編 2009年)で小津映画を愛するアパートの管理人役を主演。娘のマリルー・べリも女優です。

夫のローラン役はフランスで人気のコメディアン、アラン・シャバ。ロリを演じるスペイン人女優ヴィクトリア・アヴリルは2000年の"101 reykjavik (YT予告編)"でもレズビアンを演じています。Peace. ピース



Film Gazon Maudit / French Twist

予告編(仏語)。 以前貼っていたおかしなクリップはこちら

frenchT4frenchtwist3 part3のみ。他はすべて削除。
[Wiki](日)
[Wiki](英)
goo映画:彼女の彼は、彼女
to_OpenSubtitles 英語字幕
to_Amazon 輸入DVD "French Twist"なので英語字幕付き?
to_Amazon(米)


*2ヶ月も更新が遅れてすみません。忙しいところにいろいろと面倒なことが重なってしまいました。まだもう少し紹介したいのがあるので、コンスタントに書けるといいんですが・・・。







Producing Adults
producingA1Producing Adults   to_IMDb
(2004 フィンランド) プロデューシング・アダルト 
原題 : Lapsia ja aikuisia - Kuinka niitä tehdään? オススメ度 ★★★★☆ 4.5/5

子供をほしい女性が、長年のボーイフレンドの強力な反対にあって関係に疑問を持ち、いつしか同僚の女性とのあいだに愛を見出す話。

フィンランドが2004年のアカデミー賞外国語映画部門に出品した作品。

私はこれすごく好きです。女優二人の雰囲気がいいし、バイセクシュアルについても説明とか言い訳がないのもいい。ただ言葉が少ないので不親切というか、そこがリアルなんですが、一回見ただけだと少しわかりにくいところも。妊娠を巡るエゴの応酬をクールに描きながら、変則的に見える恋や家族のなかの素朴な愛情に敬意を払っています。映画好きにはおススメ。  

ヴェンラ(左)とサトゥ
producingAd4不妊治療のクリニックで心理カウンセラーをするヴェンラは子供をほしがっています。でも付き合って15年になるアンテロは、2年後のオリンピックでメダル獲得を目指すスピードスケーター。キャリアの終盤にあって父親になるのを恐れている彼は、頑として頷きません。またクリニックでは医師のサトゥが、シングル女性と女性同士のカップルにも人工授精を行うことを提案。賛成したヴェンラに惹かれていきます。

前半は妊娠を巡ってけっこうギョッとするブラックコメディ的展開。破れたコンドームから始まって、緊急避妊薬、その薬のレシートを見つけたヴェンラ、パイプカットするアンテロとなって、彼の精子に問題ありとわかると・・・? そのあいだにサトゥがヴェンラの相談相手になって、二人は急速に接近します。

いっぽうサトゥは、弟のミュージシャン仲間アンティと寝たりしてますが、彼女の好きな人に会いたがる入院中の母親にヴェンラを紹介。母親を喜ばせます。でも女性二人がロマンティックな関係になりそうになったところにアンテロが現れ、彼のもとに戻ったヴェンラ。傷ついたサトゥ。ただそれはヴェンラが自分の気持ちに気づくための時間となって・・・。 

producingAdu2


Aleksi Salmenperä という男性監督の初長編作品。もともと映画学校のプロジェクトだったそうです。フィンランド語のタイトルは"子供と大人 - どうやって作られる?"という意味で、監督によれば英語のタイトルのほうが、"子供によって大人が作られる"というテーマに合っているとのこと。この監督は2作目の"Man's Job(YT trailer)"も'08年のアカデミー賞外国語映画部門に出品されています。

ネタバレ注意:
破れたコンドームは、ヴェンラの様子からすると彼女の仕業かも。でもだからと言って、アンテロのように思いつきでプロポーズして緊急避妊薬を酒に混ぜて彼女に飲ませていいとは思いません。人の体に影響することを黙ってやるなんて犯罪的で残酷。サトゥの言うとおり、この時点で別れたほうがいいです。

あと説明なさすぎなのが、ヴェンラとアンテロがグループセラピーに参加するいっぽうで、妊娠がわかったサトゥがさほど好きでもないアンティとやっていこうと決めたふうのところ。でも弟が姉の気持ちを察して母親を送る会の招待状をヴェンラに送ります。

英語字幕の評判が良くなくて残念なんですが、もしかしたら全体にもっと皮肉とか風刺とか利いていて、アンティや病院長のセリフももっと可笑しいのかも。私的には、人が黙っているいろんな状況を描いているのが、この映画の大きな魅力と思います。それと弟のミロ、いい味出してましたね。姉思いのすごくいいヤツ。欲を言えば、ヴェンラとサトゥのロマンティックなシーンがもう少しほしかったです。


producingAdu5フィンランドは2002年にパートナーシップ法が成立して以来、LGBTの権利を守る法整備が進められています。ここに出てきた、シングル女性とレズビアン・カップルへの人工授精は現実のほうが先行していて、'06年に合法化されたそうです。Peace. ピース



フィルム Producing Adults

予告編。

producingAdvdPA (sub English) playlist
First 8 minutes (Spike動画) 最初の8分。
IMDb user comments -Summary from 2004 TIFF- 2004年トロント映画際での監督の話をまとめてあります。
[Wiki]
A review on Rotten Tomato
Kissing Fingertips レビュー
LGBT rights in Finland フィンランドのゲイライツ(英)
to_OpenSubtitles 英語字幕    to_Amazon(米)









The Secrets / Ha-Sodot
hasod01The Secrets (国際タイトル) / Ha-Sodot
(2007 フランス & イスラエル)  to_IMDb
オススメ度 ★★★☆ 3.5/5

神学校の女生徒二人の友情と、神の許しを乞うフランス人女性と彼女達の交流を通して、正統派ユダヤ教と女性というテーマを描く作品。

これはきっと好きな方がいるのでは。高尚な映画がけっこう好きという人にはおススメ。特に、ユダヤ教がこういう文脈で描かれるのはめずらしいので。

私は主人公が思慮深くて強い人間に描かれているのは好きだったんですが、宗教的儀式の部分はハードルが高かったです。2時間の作品で、前半の主人公たちとフランス人女性との交流が長かった。後半ようやく友情にセクシュアリティが入ってくる感じ。異文化が興味深い反面、ちょっとスローな気がしました。

監督がインタビューでラブストーリーじゃないと言っていますので、宗教とフェミニズムという大きなテーマかと。女性をパターン的な物語のなかで描くのではなくて、抽象的な考えを描こうとしているのは新鮮でした。女生徒役のふたりも魅力的。 

ナオミとミシェル(右)
hasodo5信仰心の厚いナオミは母親を亡くしたあと、高名なラビの父が選んだ弟子との結婚を先延ばしにして、イスラエル北部のサファドにある女子だけの神学校に行くことに。教義を学びたいという強い勉学意欲のあるナオミですが、ここは見合い相手を紹介したりするので、一種の良妻賢母教育の場のような面も。

そこで親に追いやられてリヨンから来た不良っぽいミシェルと出会います。二人は奉仕として、アノークという重い病気のフランス人女性に食事を届けたり買い物を手伝ったりすることに。アノークは子供を捨てて駆け落ちまでした相手を殺して15年の服役後、この町に住んでいます。精神的にも肉体的にも苦しんでいるアノークを助けようと、二人はカバラ(Wiki)と呼ばれるユダヤ教の神秘的な教義に従って、矯正(Tikun ティクン)を施そうとしますが・・・。

hasod5ネタバレ
二人がロマンティックな関係になると、悪ぶっていたミシェルが保守的になって、ナオミのほうが強い気持ちを持っているという、こういうことって実際にあるかもと思いました。

それとこれはハッピーエンドじゃないんですが、話の流れからいってリアルだし、すごく悲しいけど嫌な感じはしない、次善の終わり方かなと。L 系ドラマで別れを描くときに、こういうふうに友情がしっかり残っていて、心の柔軟さを描くような感じはなかなかいいと思いました。特に宗教の話を見てきたあとだと、何か大らかに受け止められたというか・・・。

現在イスラエルは、ホモセクシュアルが法律的に罪とはならない中東では数少ない国のひとつ(あとはヨルダン、トルコ、イラク、キプロス共和国)。差別禁止の法律もあるので、宗教とは別に、国としてはゲイにフレンドリーなようです。Peace. ピース



フィルム The Secrets / Ha-Sodot

予告編。

仏の大女優ファニー・アルダン(Wiki):アノーク役
hasod004הסודות Playlist 英語字幕なし。コメント欄に少し英訳している人がいます。
Official site 女優二人のインタビュー有。(英)
Afterellen.com Review レビュー
Dana Adini - The Secrets イスラエルの歌手Dana Adiniの、この映画のオーデションの設定と撮影風景を使ったMV。
LGBT イスラエル グーグル検索
LGBT rights in Israel Wiki (英)
to_Amazon(米)








遊園地
yuenchi01Ground Walk   to_IMDb
遊園地   (2005 香港)
オススメ度 ★★★★ 4/5

これ、すごくいいです。"真実は細部に宿る"ってこのこと?って感じで、こういうL系映画はほんとに嬉しい。恋と旅と音楽をミックスした、アイデアとセンスあふれる作品。

全体で51分なので、中編(?)といった感じです。主人公のナレーションが入るところやカメラワークはドキュメンタリー風。ポスターなどの英題と違って、IMDbとかでは"Groundwalk"とワンワードのところも。

アン・マリーは友達の集まりで会ったフィエンと、『ロング・エンゲージメント(ヤフー映画)』が好きということで意気投合、電話番号もゲットします。でもそれから半年のあいだ、いざ電話しようとすると77グラムの電話が急に1トンになるみたいに、恐くて電話できません。結局また会えたのはみんなの集まりで、二人で香港について話しているうちに思いついたことが。それは、普段はバスで通り過ぎる香港の街を一日歩き回って、観光客の目で再発見しようというもの。OKしたフィエンとガイドブックを買って1泊旅行の計画を立て、空港で待ち合わせ。あるドアを出た瞬間から、二人はアメリカからやってきた観光客のふりをすることに・・・。 

アン・マリー(左)とフィエン
Groundwa02香港の有名な観光スポット、青馬大橋、車公廟、中央市場などをまわって、夜景はヴィクトリア・ピークへ。そのあいだ子供の頃のことから最近のセックスなんて話もして、二人の距離が縮まっていくのがわかります。アン・マリーが同性を好きになることをどう思うって質問するところとか可愛い。フィエンも最初は、観光客になりきってあることないこと話すアン・マリーに戸惑っていたのが、次第に調子を合わせていくのがいいです。

欲を言えば、景色と料理はもう少し落ち着いて見たかったというか、あの海鮮料理おいしそうっていうか(笑)。可笑しなところがたくさんあって、占い師のシーンには大笑い。純情とステップバイステップというアプローチと空想とセックスが明るく地続きになっていて、なんかホッとします。

ただちょっとエンディングが説明不足で惜しい感じも。できればこれからの二人を想像させてくれるようなものにしてほしかったけど、別に悪い終わり方とかじゃないです。

ジレット・レウン(Gilitte Leung、 梁碧芝)監督の豊かな才能にはびっくりですね。監督・脚本・音楽はすべて自分でやっているとのこと。セリフが面白くて、音楽もけっこう好きでした。今のところ英語だけですが、Shatter Japanに監督のインタビューが載っています。Peace. ピース
 
桜 キャラクター紹介
アン・マリー・・・グラフィック・デザイナー。弟と妹がいて、妹はまだ12歳でときどき自分の娘のように感じる。マカオとタイにいったことがある。
フィエン・・・5歳のとき父親が出家して、母親と二人暮らし。アメリカで社会人類学を学び、香港でデザインの勉強して、今は法律事務所で働いている。



Film 遊園地 Ground Walk

予告編。 英語字幕がないです。

Groundw4ground walk playlist
YT gilitte's channnel レウン監督のチャンネル。
Shatter Japan Interview with Gilitte Leung 個人的なことから映画のことまで監督のインタビュー。(英)
AQFF 2007年のアジアン・クイア映画祭に来たようです。
Review : Hong Kong Cinema - View from the Brooklyn Bridge より (英)
Groundwalk DVD 検索で出たところなので、参考までに。








Copyright © eureka moment. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。