スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
April's Shower
AShower1April's Shower (2003) エイプリルズ・シャワー オススメ度 ★★★ 3/5

大勢の登場人物が爆弾発言をきっかけに大騒ぎして、楽しいフィナーレへと向かって盛り上がっていく(はずの) コメディ。

2003年の制作でいくつかのゲイフェスティバルで上映されましたが、リリースされたのは2006年。

えー、なんと言うか、話を詰め込みすぎて何がなんだかわからなくなったような感じは否めません。元カノの結婚というテーマはおもしろいし、笑えるところもあるし、根がホンワカしているので星3つにしましたが、後半は2.5くらいかも。作り手が映画ってエンタテイメントよねと言って自分達が先に楽しんじゃったみたいな。(笑)

AShower2シェフのアレックス(右写真右)は、元カノのエイプリル(左)のブライダル・シャワーを自宅で開く準備でハイテンションになっています。ゲストがつぎつぎと集まってきて、最後にエイプリルも到着。でもそのエイプリルの無神経さが引き金となって、アレックスのストレスが爆発。秘密にしていた二人の関係をみんなの前でぶちまけて・・・。

この映画、登場人物が増える一方で、減らないんです。状況もクレッシェンドで騒がしくなっていくので、たぶんそういう芝居のスタイルじゃないかと思うんですけどね。一軒の家での一日の出来事なので、もう少し交通整理してほしかった。

一番のネックはエイプリルの性格。何考えているのかわかりにくい。ネタバレですが、私がそれはないと思ったのは、シェフのアレックスに料理の準備をさせておいてピザを頼んでたところ。信じられな~い!ムカッアレックスかわいそうすぎ。キレても仕方ないでしょ。

AShower3おかしいのはエイプリルの母親。エイプリルがアレックスが好きだったのよって言ったら、「バッカバカしい!」と返すところは笑えました。

あとダンサーが来て踊るシーンで、そのときのディスコ音楽がいい。曲がわからないんですが。

AShower4アレックス役のトリッシュ・デューランが監督・脚本・プロデュース、サーシャ役のハニー・ラブラドールがいっしょにプロデュースしています。このふたりは7年半付き合っていて、この撮影のあと別れて今は友達だそうです。Peace. ピース



フィルム April's Shower

予告編。

左からハニー・ラブラドール、トリッシュ・デューラン、エイプリル役のマリア・シナ。
AShower05AS playlist
April's Shower 公式サイト
AfterEllen.com review
IMDB April's Shower
Wikipedia April's Shower
AfterEllen.com Interview with Honey Labrador








スポンサーサイト
ドリア・ロバーツ
doriro1Doria Roberts ニュージャージー州のトレントン出身で、拠点をアトランタに置くアーバン・フォークといった感じのシンガーソングライター。

初めて彼女の "Perfect" を聴いたときはうれしかったですね。知的でロマンティック、レズビアンのラブソングのなかでも多くの人が共感できる曲で、ドリアがメジャーレーベルから出ていたら、間違いなくもっとヒットしていたと思います。

「このパーフェクトな瞬間を忘れたくないから、写真に撮って飾ろう」という永遠の一瞬を切り取りたい気持ちを詩的に歌った歌。「太陽は輝いているとき、空は青く澄んでいるとき、色は緑色が、あなたを思い出させるから好き」という前向きな言葉と、チェロのコントラストがいい。

この曲は最初 "Restoration"(1999)に収録されて、YTにアップされているのはだいたいこっちのようです。 MySpaceやlast.fmで聴けるのは"Woman Dangerous"(2006)からのもので、音も曲の長さも微妙に違っています。歌としては前のほうがいいような。新しいのは大人っぽくてジャズ的で、ライブの歌い方に近いようです。

doriro2

ドリアは名門ペンシルバニア大学で奨学金を得ながら学んで、日本で美術品のディーラーをしようと東アジア研究を専攻。音楽は大好きだったけどギターを手にしたのは4年生になってからで、そこから持ち前の集中力で1日8時間くらい猛練習。インディゴ・ガールズのカバーを歌ったり自分の曲を作ったりして、結局音楽の方へ進むことに。

"Restoration"(1999)
doriro3'95年にQueer Stockというクイアが集まるコンサートに出演。一回きりの開催で終わりそうだったので翌年からドリアがプロデュースを引き継いで、その後10年続いたそうです。

'99年に彼女はLilith Faireというサラ・マクラクラン主催の女性歌手のためのフェスティバルで優勝して、メジャーレーベルと契約寸前まで行きました。ただその頃、作品のコピーライトを作り手ではなくレーベル側が持てるというおかしな法律ができたことで契約を断念(その法律は後に撤廃)。以来作品は自分の"Hurricane Doria"というレーベルから出しています。

もうひとつ契約しなかった理由が、ドリアのセクシュアリティ。黒人女性で、R&Bじゃなくてフォークってことはそれだけでも売りにくいのに、せめてバイセクシュアルってことにできない?とか (笑)、あと5年ほど待つ?とか言われたらしいです。大家族にレズビアンとカムアウトしていたので、またクローゼットに戻るような不正直なことはできなかったと彼女は言っています。

その後、年間10ヵ月近くツアーして、モントルー・ジャズ・フェスティバルなどにも参加。ゲイ・プライドのイベントなどで国際的な交流も増え、ゲイ&レズビアンや女性のためにエネルギッシュな活動が評価されて、賞を受賞したりもしています。

"Woman Dangerous"では初めてプロデューサーを立てて曲作りに専念。基本に帰ろうと、今の自分に正直な音楽を目指したそうです。よくアーニー・ディフランコと似てると言われるようですが、ドリアはもう少しレイドバックしていてセクシーな感じかと、私の独断と偏見ですが。

doriro4右の写真はMySpaceにあった広島の平和の鐘を鳴らすドリア。ちょっと素通りできずに、ついダウンロードしてしまいました。(ダメかな?) Peace. ピース 

MySpace 情報発信もここで。HP化している。
"Caught in the Rain"もいい。歌詞:'Caught in the Rain'
Perfect L映画のシーンをつないだファンのMV。



オンプB2 Doria Roberts - Perfect

以前貼っていた"Hospital Central"のファン作MVは こちら。(歌詞:'Perfect')


"Woman Dangerous"(2006)
doriro5Facebook
Lesbian Life Interview
AfterEllen.com 記事 2006/08/03
CDBaby
Queer Stock HP
Doria Roberts 公式HP。更新されてません。
Amazon








Go!Go!チアーズ
BIaC1But I'm a Cheerleader (1999) 
オススメ度 ★★★★☆ 4.5/5
ホモフォビアと、ステレオタイプの男女の役割を風刺したコメディ。

この映画、もう少しでコメディのクラシックになったような最高のB級作品 ― テンポの良さ、ばかばかしさ、ヒューマニズム、価値観の洗い直し、肯定的なメッセージ、それに音楽とビジュアルの楽しさ。

"Sleeping Beauties"のときも書きましたが、ジェイミー・バビット監督は短時間で言いたいことをクリアに伝えるのがうまいですね。特殊な設定にさっと観客を連れていきます。

BIaC8ただ全体で85分と短くて、あと1つ2つ話の展開がほしかったかなと。エンディングもあっさり気味だし、できれば場面の移動とかもあったらよかったかも。みんなでフィールドトリップに行って外の世界と交流するみたいな。($制作費$↑)  

チアリーディングが大好きな高校生メーガン (ナターシャ・リオン) は周りにレズビアンと思われてストレートになるべく更正施設に入れられます。本人に自覚はなかったのに、そこで出会ったグレアム(クレア・デュヴァル)に引かれて逆にレズビアンと認識するようになって自分らしく成長するというもの。実際アメリカにはこういう施設があるそうで、そのあほらしさをマンガ的に皮肉っています。

BIaC2左が更正施設 "True Directions (真実の道)" のロゴ。 レインボーがUターンしてる! "straight is great"というコピーは、職員のマーク (ル・ポール) が着ていたTシャツにも書いてありました。

笑えたのが、メーガンが施設に入ったときのインタビューで、女性を見てどう感じるかという所長の質問。それがだんだんHになっていくわけで。(笑) それとヘテロでいる最もすばらしいことのひとつは"友情"というのにものけぞりました。ホモに友情はないってか。ゲイ反対のピケットを張ったシーンの、スローガンとかプラカードとかも可笑しかったです。

BIaC3バビット監督は多くの人に受け入れられるように作ったつもりだけど、大人のゲイ男性にはジョークが受けない部分があったと言っています。ゲイ男性はそれだけ心理的、社会的に大変なのかもしれませんね。

写真右のメガネの子が『乙女の祈り』のメラニー・リンスキー。下の男性陣は右端が"The Truth About Jane"で紹介したル・ポール、真ん中の真ん中がキップ・パルデュー、左端が所長の息子役エディ・シブリアン。またミシェル・ウィリアムズがチアリーダーの友人役で最初のほうに、ジュリー・デルピーが友情出演してバーでメーガンと踊っています。

BIaCRockBIaC4BIaC7

BIaC6オハイオ州出身のバビット監督は、父親が弁護士でロースクールの教授、2006年に亡くなった母親がティーンのためのドラッグの更正施設"New Directions"を運営していたとかで、この映画の参考にしたようです。レズビアンの監督はプロデューサーのアンドレア・スパーリングと2人の子供とロサンゼルスに住んでいます。

オープニング曲"Chick Habit"は、もとは1964年にセルジュ・ゲンスブールが作った"Laisse tomber les filles"という曲。米インディーズ歌手のエイプリル・マーチが自分で英訳して歌っているもので、タランティーノの『デス・プルーフ』(2007)にも使われました。『Go!Go!チアーズ』のサントラ盤は出ていないし、いい曲が多いので、YTのMVを集めてみました。MySpaceにも4曲ほどあります。Peace. ピース

BIaC9April March - Chick Habit
Dressy Bessy - Just Like Henry
Dressy Bessy - If You Should Try To Kiss Her この映画のMV
Sissy Bar - Trailer Song
Miisa - All Or Nothing
Saint Etienne - We're in the City

BIaC5Wanda Jackson - Funnel of Love
Go Sailor - Ray of Sunshine
Tattle Tale - Glass Vase Cello Case
Go Sailor - Together Forever In Love



フィルム But I'm a Cheerleader

予告編。最後の前戯 (foreplay) の話には爆笑。


BIaCdvdBIaC Playlist Dailymotion 仏字幕付
"Graduation" ネタバレのエンディング。
Go!Go!チアーズ Wikipedia (日)
Wikipedia 詳しい(英)
MySpace
IMDB
AfterEllen.com レビュー
AfterEllen.com interview バビット監督へのインタビュー '04年6月
Subtitles 英語字幕
Amazon






ジル・ソビュール
jsobu1Jill Sobule コロラド州デンバー出身の、ポップ&フォークロックのシンガーソングライター。1995年のヒットシングル"I Kissed a Girl"で知られています。

ジルの特徴として声と詞がおもしろいというのがあって、キュートだけど陰影のある声は、おかしなことから悲しいことまで彼女流に表現。詞は知的でシニカル、ドライなウイットに富んでいます。

で、今回調べて驚いたのが、"I Kissed a Girl"の邦題が"ヴァレンタイン・キッス"! うーん、どうなっているんでしょうね。なんかセクシュアリティが漂白されちゃったような感じ。 『Lの世界』はもちろん、エレン・デジェネレスのカムアウトもまだだったから、そういう時代だったってことでしょうか。 

余談ですが、こういう作品とか記事、番組が社会に出るまでには多くの人が関わっているのに、そこに1人もゲイの権利に気を配る人がいないってことに、ときどきすごく驚かされます。

jsobu2この曲は、アメリカでも発売当初は放送禁止にするところもあったとかで、girlyなポップサウンドにバイセクシュアリティ全開で、初めて女の子とキスした喜びとその将来的可能性を軽やかに歌っているわけで。当時これを聴いた悩めるティーンのレズビアンは、どんなにか心が軽くなったことと思います。 

同じタイトルで最近ヒットしているのがケイティ・ペリー(Katy Perry) の"キス・ア・ガール(YTのMV - I Kissed a Girl)"。ジルのファンには不評で、パーティーでワイルドになった女の子の歌と同性愛を肯定的に歌うのとは違うという山のようなメールが来るらしいんですが、それについてジルのコメントが彼女らしい。

「たぶん第3の "I Kissed a Girl" を私がちょっと作ってみるとか。(笑) 次のは、どうやって私が彼女にキスして、退屈なボーイフレンドと別れて、カリフォルニアで同性結婚したかっていうような内容にして、でもって誰も気にも止めやしないわっていうようなやつ」そして、「ケイティの歌はキャッチーよね。でも批評家が私の歌のほうがいいみたいなこと言ってくれると、どうしてもにんまりしちゃうのよ。それっていけないこと?」

なんかおもしろいですね、この人。オリジナルアルバム7枚にベスト物を1枚出していて、よく誰かと組んでツアーをやるみたいで、リチャード・バロン、故ウォーレン・ジヴォン、ジュリア・スウィーニーなどと。若い頃に拒食症とか鬱と闘った時期もあるとかで、そういうテーマも歌っているようです。Peace. ピース

オンプP1musicMe Jill-Sobule アルバムが聴けます。
(musicMe に初アクセスのときはトップページに行くので、ページを更新してください)
 
jsobu3YTのMV
Cinnamon Park 私この曲大好き。MVもかわいい。
Supermodel 映画 『クルーレス』(1995)に使われた"Supermodel"という曲。ファンのMV。
San Francisco '07年のシングル 
Kissing Jessica Stein (2001) トレイラー。最後のほうに"I Kissed a Girl"が使われています。
Joey 60年代に活躍した女優ジョーイ・ヘザートン (Joey Heatherton)のことを歌った歌。



オンプB2 Jill Sobule - I Kissed a Girl

"歌詞"。サビが秀逸。 公式MVは削除されました。

"I Never Learned to Swim"(2001) ベスト物
jsobu4Official site 公式サイト
MySpace 6曲ほど聴けます。
Wikipedia
ファンのアルバム解説 詳しい(日本語)
EW.com Katy Perryの歌についてコメント
March 2008 Interview
Jill Sobule and Julia Sweeney AfterEllen.com ジルとジュリア・スウィーニーのビデオインタビュー 08/05/07
Amazon








Rozengeur (Babette & Nathalie)
Bab&Nata1Rozengeur & Wodka Lime
(バベット&ナタリー)(オランダ'03-'04) オススメ度 ★★★ 3/5

オランダのTVドラマ『Rozengeur & Wodka Lime』 (バラの香りとウォッカライム) のなかのバベット(左写真左)とナタリー(右)のストーリーライン。米ドラマの 『セックス・アンド・ザ・シティ』ふうの女友達4人の話で、バベットはそのうちの1人。レズビアンのナタリーとの話はシーズン3と4に出てきて、全部で70分くらいです。

これは性的に混乱してるようなバベットの話が中心なので、レズビアン的にハッピーとは言えませんが、女優たちが魅力的で、話もおもしろいところもあるので悪くないかと。ゲイ先進国のオランダということで、レズビアン=変わった女みたいな描き方ではなくて、むしろ健康的で、ナタリーにあまり色合いを持たせていないです。レズビアンのテニスプレーヤーアメリ・モレスモにちょっと似ているナタリーは、しっかりとジョギングしてます。(笑)

Bab&Nata2YTには、二人が出会うレズビアンバーのエピソードと、シーズン4に入ってからの話の2パターンがアップされています。バーでの話は全部で6分半と短くて、バベットが彼もいるしゲイじゃないからと、ナタリーの誘いをいったん断る会話くらい。(字幕付は削除されました)

シーズン4 全64分: 弁護士で判事を目指しているバベットは、恋人のフランクにそろそろプロポーズされそうだとわかっていますが、アンチ結婚主義者。でもそれも、一夜限りと思っていたナタリーに、裁判所で突然再会するまでのこと。内心パニックを起こしたバベットは、フランクと結婚すると衝動的にナタリーに言ってしまいます。判事の研修が始まり、ロシア語の通訳をしているナタリーに仕事で会うようになると、バベットは彼女のことがますます頭から離れなくなって・・・。

Bab&Nata3ま、そりゃあ当然焦るでしょうね、バーで出会って寝てしまった相手が昼間自分の仕事場にいたら。(笑) 

注):以下ネタバレ 
この後、バベットが揺れる気持ちを電話で話すのを立ち聞きしたフランクが、彼女に他の男がいると誤解。翌日口論になって部屋を飛び出した彼は、交通事故で死んでしまいます。

そして結局、バベットとナタリーを結びつけているのはこのフランクの死という一説が最後のほうに出てくるんです。たしかに、強い不幸を経験して、それを知っていて共有してくれる相手がほしいと願う気持ちがバベットを動かしたのかもしれません。

でも私としては、フランクが死ぬ前に二人は出会って惹かれ合っていたし、フランクの死後にもいい時間を過ごしていたので、二人とも恋に落ちたと思いたいですね。ただ引力のままに付き合ってみたけど、続けていくための何かが欠けていたかなと思います。それがゲイとヘテロで違いがあるのかどうか、わかりませんが。

Bab&Nata4このシリーズは2001年に始まって、2006年のシーズン6で終了。 タイトルは、すべてがうまくいっているときオランダ語で"バラの香りと月明かり(maneschijn ←違うかも)"と言うらしいんですが、それと、女友達4人が集まっていつもウォッカライムを飲むことを掛けてあるそうです。たまにシーンの頭に赤いバラの花びらが舞い散るんですよね、これ。Peace. ピース

Bab&Nata5



フィルム Babette and Nathalie

二人の出会いのシーンはありません。

下のシーンでナタリーが見ようとしているのは『月の瞳
Bab&Nata6Babette & Nathalie playlist プレイリスト
IMDB Rozengeur & Wodka Lime
Fan site
Wikipedia オランダ語 
*資料が少ないのでアップロードした人のコメント等参考にしました。







Scream Club
Scclu1Scream Club スクリーム・クラブ
ワシントン州オリンピア出身のエレクトロパンク・ヒップホップデュオ。この人たち、微妙に色物っぽい匂いがしててはじけてます。声のバランスとビート感がいいです。

えー、イメージ戦略がどうなっているのかわかりませんが、下に貼り付けたミュージックビデオに向けてギャップの少ない写真を選びました。で、右のライオットガール系から下の演歌の花道風、そしてその下のナニワ金融系へと展開しちゃったわけです。

下の男の子っぽいのがシンディ・ワンダフル(Cindy Wonderful)で、隣がサラ・アドーラブル(Sarah Adorable)。 名前もすごくない? ワンダフル=素晴らしい、アドーラブル=かわいいって ・・・ ま、いいですけど。二人はもと恋人同士。

Scclu2マイスペースに載っている説明によれば、 "PEACHES (ピーチズ) とヴァニラ・アイスの落とし子で、Biggie Smalls を祖父に Darby Crash をいとこに持っているような" 音楽だそうです・・・?

聴いた感じではエレクトロパンク+ヒップホップ+ラップ+ちょっとアナーキーなダンス系といった感じかと。二人とも'80年代の音楽が好きとのこと。

シンディとサラは、シンディがオリンピアに引っ越してきて3日後にポルノショップで出会って即付き合いはじめ、6ヶ月後にScream Club を結成。シンディは以前 Rainbow Sugar というバンドにいたこともあって、ソロで活動するよりも誰かと組みたいと探していたら、サラが音楽をやっていてOKしたとのこと。二人の恋愛関係は3年ほどで終わりましたが、その後は親友のカテゴリーへとスライド。

Scclu3Scream Club はダンスクラブなどでの観客参加型のパフォーマンスが受けて、カルト的なファンを獲得しているそうです。YTでライブを見ると学園祭みたいなチープ感漂っていますけど、エネルギッシュだし踊れるし、触れ合い広場的 (nHkか) にMCがうまいとなかなかいいかも。 サウンドはジェンダーもセクシュアリティも越えて受けてるみたいだし。

シンディはインタビューで音楽の力を信じていると言っていて、人が何と言おうと自分を信じてやりたいことをやれ、自分達にもできたんだからみんなにもできると言っています。

2枚のアルバムをリリースしていて、"Don't Bite Your Sister"(2004)と、"Life of a Heartbreaker"(2006)。どちらも参加アーティストがけっこう有名どころで、1st にはRachel Carns (The King Cobra)、Beth Ditto (The Gossip)、Mirah など、2枚目にはPeaches、AWOL One、Busdriverなどです。

Scclu4シンディはファンタジーが現実になるという、おかしな4分間のレズビアン・ショートフィルム "Dream of an ex-girlfriend" (2007)に出演したそうです。Peace. ピース

"Don't Bite Your Sister"(2004)より3曲ほどMVを
Don't Fuck With My Babies
And You Belong シンディがプロデュースしたMV。古巣のRainbow SugarのAmy Fantasticが参加。
If You Want It ザ・ゴシップのベス・ディットーが出ている。アートがおもしろい。


オンプB2 Scream Club - I'm Going Crazy

これ、曲もMVもいい。 2:26のカップルはエレンご婦婦。"Life of ~"より

"Life of a Heartbreaker" (2006)
Scclu5Scream Club 公式サイト 目がチカチカします。
MySpace
MusicRemedy.com バイオグラフィ
ROCKERZINE Interview インタビュー記事
THEDARTMOUTH.COM 記事
CRUNKS NOT DEAD シンディたちのレコードレーベル
CRUNKS NOT DEAD MySpace
Amazon








Intentions
IntenM1Intentions (2003) インテンションズ
オススメ度 ★★★☆ 3.5/5

これはちょっと舞台劇みたいに会話が多くて、しかも現実的な話なので結構おもしろい。

ただ低予算映画の問題点があれこれ素人目にも見えるのが残念。お金をかけて撮り直したらどうなるのか見たいくらいです。

ここに描かれているフェミニズムやレズビアニズム、曖昧なセクシュアリティは頭のなかではもう古いことかもしれませんが、現実ではなかなか解決しづらいことや普遍的なことではないかと思います。現実をフェアに見て、少しロマンティックに常識のボーダーを広げている感じがいいです。

それに主役二人があまりパターン的じゃないのも私的には新鮮かなと。レズビアン映画にはもっとバラエティが増えて厚みが出るのがいいと思っているので、こういう言葉が中心のドラマも悪くないと思います。

IntenM2大学のドラマの教授レネ・ヒギンズ(写真右)は、夫と二人の娘がいて、学生演劇の演出に情熱を注いでいます。次の演劇大会では、イヴ(下)という演技のうまい学生に主役をやってもらうことに。二人は芝居への情熱を共有したり、意見を交わすうちに親密度を増していき、レズビアンのイヴはレネに思わずキスをしてしまって・・・。

レズビアン的にはちゃんと二人が話し合って優しい雰囲気があるのがいいです。レネのほうも迷いがあっても基本的に前向きだし。ラブシーンのシルエットも悪くない。

IntenM3ネタバレ: レネの家族の話で、夫のジェフが悪気はなくても父権的な態度で妻を軽く見ているというのが描かれていて、その話自体はめずらしくないけど、それをローティーンの娘が敏感に感じとって母親に同情しているというのがリアルだなあと思いました。

ルアン・ベック脚本兼監督によれば、レネの夫ジェフとイヴの彼女のエリンには同じキャラクターを書いたとのこと。映画を見た女性のなかにはジェフのコントロール好きは嫌だけどエリンはそうでもないと感じ、逆に男性はジェフはいい奴だけどエリンは嫌な女と感じる人がいるそうです。

おもしろいですね。実際私もジェフは嫌だけど、役者のせいかエリンはどこか可愛くておかしな感じがしました。でも言われてみれば、二人とも相手の主体的な自由をあまり認めていなくて独善的なんですけどね。

あとエンディングについて、監督は二人がもっと結論を出す方向で考えていて、5つくらいパターンがあったそうですが、映画やキャラクターたちがそれを望まなかったと言っています。観客の想像に任されているわけで、私は今のままでも結構ハッピーエンドじゃないかと思います。

IntenM4俳優歴も長いベック監督はサンノゼ州立大学でドラマを教えていて、この映画は実話と思われて恋人探しをされたらしいですが、フィクションとのこと。彼女は2006年に、現在のパートナーでプロデューサーのキム・クラークという女性と "God and Gays: Bridging the Gap"というドキュメンタリーを撮っています。二人は近く正式に結婚するそうです。Peace. ピース



フィルム Intentions

予告編的クリップ。 こちらが予告編。年齢制限があります。

IntenM5・ビデオは削除。
IMDB
Filmstalker Review レビュー
BlueBox Productions ベック監督とパートナーのプロデューサーのHP
Curve Interview 検索結果のトップの記事に。
TRFT Newsletter Archive "Indie Writer-Producer-Director Luane Beck" サンノゼ州立大TRFT学部卒業生会報 ベック監督のインタビューがずっと下のほうに。 








Copyright © eureka moment. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。