スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Producing Adults
producingA1Producing Adults   to_IMDb
(2004 フィンランド) プロデューシング・アダルト 
原題 : Lapsia ja aikuisia - Kuinka niitä tehdään? オススメ度 ★★★★☆ 4.5/5

子供をほしい女性が、長年のボーイフレンドの強力な反対にあって関係に疑問を持ち、いつしか同僚の女性とのあいだに愛を見出す話。

フィンランドが2004年のアカデミー賞外国語映画部門に出品した作品。

私はこれすごく好きです。女優二人の雰囲気がいいし、バイセクシュアルについても説明とか言い訳がないのもいい。ただ言葉が少ないので不親切というか、そこがリアルなんですが、一回見ただけだと少しわかりにくいところも。妊娠を巡るエゴの応酬をクールに描きながら、変則的に見える恋や家族のなかの素朴な愛情に敬意を払っています。映画好きにはおススメ。  

ヴェンラ(左)とサトゥ
producingAd4不妊治療のクリニックで心理カウンセラーをするヴェンラは子供をほしがっています。でも付き合って15年になるアンテロは、2年後のオリンピックでメダル獲得を目指すスピードスケーター。キャリアの終盤にあって父親になるのを恐れている彼は、頑として頷きません。またクリニックでは医師のサトゥが、シングル女性と女性同士のカップルにも人工授精を行うことを提案。賛成したヴェンラに惹かれていきます。

前半は妊娠を巡ってけっこうギョッとするブラックコメディ的展開。破れたコンドームから始まって、緊急避妊薬、その薬のレシートを見つけたヴェンラ、パイプカットするアンテロとなって、彼の精子に問題ありとわかると・・・? そのあいだにサトゥがヴェンラの相談相手になって、二人は急速に接近します。

いっぽうサトゥは、弟のミュージシャン仲間アンティと寝たりしてますが、彼女の好きな人に会いたがる入院中の母親にヴェンラを紹介。母親を喜ばせます。でも女性二人がロマンティックな関係になりそうになったところにアンテロが現れ、彼のもとに戻ったヴェンラ。傷ついたサトゥ。ただそれはヴェンラが自分の気持ちに気づくための時間となって・・・。 

producingAdu2


Aleksi Salmenperä という男性監督の初長編作品。もともと映画学校のプロジェクトだったそうです。フィンランド語のタイトルは"子供と大人 - どうやって作られる?"という意味で、監督によれば英語のタイトルのほうが、"子供によって大人が作られる"というテーマに合っているとのこと。この監督は2作目の"Man's Job(YT trailer)"も'08年のアカデミー賞外国語映画部門に出品されています。

ネタバレ注意:
破れたコンドームは、ヴェンラの様子からすると彼女の仕業かも。でもだからと言って、アンテロのように思いつきでプロポーズして緊急避妊薬を酒に混ぜて彼女に飲ませていいとは思いません。人の体に影響することを黙ってやるなんて犯罪的で残酷。サトゥの言うとおり、この時点で別れたほうがいいです。

あと説明なさすぎなのが、ヴェンラとアンテロがグループセラピーに参加するいっぽうで、妊娠がわかったサトゥがさほど好きでもないアンティとやっていこうと決めたふうのところ。でも弟が姉の気持ちを察して母親を送る会の招待状をヴェンラに送ります。

英語字幕の評判が良くなくて残念なんですが、もしかしたら全体にもっと皮肉とか風刺とか利いていて、アンティや病院長のセリフももっと可笑しいのかも。私的には、人が黙っているいろんな状況を描いているのが、この映画の大きな魅力と思います。それと弟のミロ、いい味出してましたね。姉思いのすごくいいヤツ。欲を言えば、ヴェンラとサトゥのロマンティックなシーンがもう少しほしかったです。


producingAdu5フィンランドは2002年にパートナーシップ法が成立して以来、LGBTの権利を守る法整備が進められています。ここに出てきた、シングル女性とレズビアン・カップルへの人工授精は現実のほうが先行していて、'06年に合法化されたそうです。Peace. ピース



フィルム Producing Adults

予告編。

producingAdvdPA (sub English) playlist
First 8 minutes (Spike動画) 最初の8分。
IMDb user comments -Summary from 2004 TIFF- 2004年トロント映画際での監督の話をまとめてあります。
[Wiki]
A review on Rotten Tomato
Kissing Fingertips レビュー
LGBT rights in Finland フィンランドのゲイライツ(英)
to_OpenSubtitles 英語字幕    to_Amazon(米)









スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © eureka moment. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。