スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Traveling Companion / コサ・ベッラ
tracosa1*Traveling Companion (1998)
トラベリング・コンパニオン 20分

これはホッとするような、知的で優しい作品。 映画のなかで旅をするわけじゃないんですが、何かそういう感覚がよみがえるようなところがあって、 "Sleeping Beauties" の面白さとはまた違った私の大好きなショートフィルムです。

tracosa22年前にパートナーのケイトを亡くした旅行作家のヘレン(左)は、次のイタリア行きには誰か一緒に歩いたり食事をしたりする相手がほしいと、個人広告で募集します。

映画の一番初めにその広告が出るんですが、音がないのでDVDのコピー禁止の警告と間違えそうになります。(実際1年前YouTubeに出ていたものにはその部分がなかった。汗

tracosa3ヘレンが同伴の候補者たちとコーヒーショップで会うのと平行して、ウエイトレスのバイトをしているアーティストのジェシー(右)とのあいだのケミストリーというか、お互いに引かれていく様子が描かれています。

女優二人の自然な感じが魅力的。ジェシーをやっているのは "The Ten Rules"のサム役の人です。

この映画の魅力はもうひとつあって、作家であるヘレンが読者向けに旅行について書いている文章のナレーションです。これは見ている映像とは別の世界にふっと行くような感じで、奥行きがあってなかなかいいです。

tracosa4監督・脚本はポーラ・ゴールドバーグ(Paula Goldberg)。"In Her Line of Fire" (2006) と "Out at the Wedding" (2007) の脚本も書いています。

撮影場所となっているのが、リトル・フリーダズ(Little Frida's Coffee House)という有名なレズビアン・コーヒーハウス。かつてWeHo (West Hollywood)にあって、エレン・デジェネレスが"Ellen"でカムアウトするエピソードで最後にメリッサ・エスリッジなども出ているシーンは、この店という設定です。

ところどころ脚本を読むまでわからなかったところがあって、なかでもジェシーがバッグから取り出して見ている筒のようなものがユダヤ教の追悼のキャンドルだというのは、結構大事なポイントかと。

でも全体的に、監督が言っている「愛、喪失、再生」というテーマは穏やかな世界観のなかでちゃんと伝わってきます。
 
tracosa5Traveling Companion (1/2) パート1(2はその横に)
Baby Tomata Productions プロダクション・ノート
Traveling Companion (script) 脚本!!(Thanks!) この記事を書いていて見つけました。嬉しい!
Little Frida's Coffee House

tracosa6Traveling Companion part1 / TCpart2
IMDB Traveling Companion
Pabe For What Lies Beneath ゴールドバーグ監督と親しいらしい人が書いている2006年のブログに監督のコメントが。





tracosa7*Cosa Bella コサ・ベッラ(2006) 15分

これは何と言っても主役二人の魅力につきます。どちらも可愛いし、今風というか重ったるい感じがない。

それにせりふより歌詞のほうが多いくらい音楽がフィーチャーされているので、ちょっとミュージックビデオみたいです。

tracosa8一見年齢差があるように見えますが、ベル(右)とデルフィーン(下)はカレッジ時代のルームメイト。ベルはニューヨークの高級インテリアショップでデザイナーをしていて、デルフィーンは結婚しています。

あまり筋がなくて、説明すると雰囲気が違ってくるかもしれませんが、二人は学生時代からつきあっていて、その関係のありかたが妙にリアル。

tracosa9レズビアンの一般論(笑)-そんなものがあるとしてですが-からすれば、男と結婚してしまったガールフレンドと恋愛関係を続けるかというと、意見が分かれると思います。

でもこの場合、デルフィーンは彼女が飼っている子犬みたいな感じで、理屈では割り切れない愛情がお互いにあるわけで・・・。

それに大都会の喧騒のなかにいると愛情があること自体がオアシスというか・・・。その辺をせりふのあるドラマにしないで音楽にゆだねたのはいいアイデアかもしれません。とりあえずハッピーエンドですし。

2006年の東京国際レズビアン&ゲイ映画祭で上映されたようです。

なぜか公式サイトがなくなったようなんですが、そこでは確か長編を目指していると書かれていたと思います。このシチュエーションで長編をどう撮るのか、ちょっと興味を引かれますね。 Peace. ピース


Cosa Bella

予告編。

IMDB Cosa Bella







スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

こさべっら・フェム方いい
コサ・ベッラよいですね~v-111
少しリアルでいいかんじ。
子犬のおなか、ぷにゅぷにゅしたいv-16
u- | URL | 2008/06/13/Fri 18:13 [編集]
気に入ってもらってよかったです。
でもこれって、相当音楽に救われていますよね。
台詞が少なくてよかったなあと思った初めての映画かも。(笑)v-518
reka | URL | 2008/06/13/Fri 22:23 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © eureka moment. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。