スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Portrait of a Marriage
PoaM1Portrait of a Marriage ポートレイト・オブ・ア・マリッジ(ある結婚の肖像) (1990 UK) オススメ度 ★★★★ 4/5

イギリスの詩人で作家、園芸家のヴィタ・サックヴィル=ウェストと、同じく作家でアリス・ケッペルの長女ヴァイオレット・ケッペル=トレフューシスとの恋愛を中心に、ヴィタとバイセクシュアルの夫ハロルド・ニコルソンの結婚についても描いたドラマ。BBC制作で、1話55分、4話まであります。

全体的に貴族的というかスノッブというか、時代性がかなりあって、エンディングに不満が残りますが(実話なので仕方ない)、深く愛し合った二人の女性の話としてはテンションの高い、大人向けの作品。

ドラマは第二次世界大戦前夜、ヴァイオレットからかかってきた電話でヴィタが若いころを思い出すところから始まります。ヴィタ(写真上左)とヴァイオレット(上右)は子供のころから一緒に学校に通って友情以上の感情を共有。1913年にヴィタが21歳で結婚して一時疎遠になったものの、息子たちの手が離れた1918年ころ、ヴァイオレットの婚約中に再会。ここから本格的な恋愛関係となって、二人でフランスへと逃避行し・・・。

PoaM3原作はヴィタの死後に、息子ナイジェル・ニコルソンが彼女の日記や手紙を編纂して自らも加筆した『ある結婚の肖像』(1973)という本。外交官で後に下院議員となった、ハロルド・ニコルソンとの自由な結婚や、ヴァージニア・ウルフとの同性愛的関係なども書かれています。

ドラマにヴァージニア・ウルフは出てきませんが、彼女の『オーランドー』という小説はヴィタをモデルにしたものと言われていて、息子ナイジェルによれば"文学のなかで一番長くて魅力的なラブレター"だそうです。

PoaM4女優二人が魅力的。ドラマの完成度も高いと思います。ただ今の感覚から言うと、ほとんど "生涯の恋人"的な二人が、それぞれ男性と結婚しながら濃い関係を続けるなんて大変と同情しました。いずれ破局が訪れるパターンではないかと。

二人が始めて会ったのはヴィタが12歳でヴァイオレットが10歳のとき。以来ヴィタのほうが支配的だったけどヴァイオレットのほうが大人びていたと言われています。ニックネームでお互いを呼んでいて、ヴィタはミチア(Mitya)、ヴァイオレットはルシカ(Lushka)。二人は恋愛関係が終わった1921年以降も手紙のやり取りをしたりして付き合いを続けていたそうです。

ヴァイオレットはその後、ゲイのエドモン・ド・ポリニャック公爵と結婚した、レズビアンで音楽サロンのパトロン、ウィナレッタ・シンガー(「シンガーミシン」の創業者アイザック・メリット・シンガー(Wiki日)の18番目の娘)と10年ほど付き合ったようです。Peace. ピース

PoaM02



フィルム Portrait of a Marriage

ファンMV。E.グリーグ作『ペール・ギュント』"ソルヴェイグの歌"~歌バーバラ・ヘンドリックス

PoaMbookPoaM playlist
Portrait of a Marriage (clip 01)~05まで 短いクリップ。
AfterEllen.com
IMDB
ヴィタ・サックヴィル=ウェスト Wikipediaの解説(日)
Vita Sackville-West Wikipedia
Violet Trefusis 説明が詳しい。
Anita Cornwell
Wikipedia 原作について
Amazon DVD "Portrait of a Marriage"
Amazon 本 『ある結婚の肖像』







スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © eureka moment. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。