スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キニー・スター
Kinsta1Kinnie Starr カナダ、カルガリー出身のヒップホップ系のシンガーソングライター。父親がモホークの血を引くことや自分がバイセクシュアルであることをオープンにしています。

『Lの世界 シーズン1』(2004)や『サーティーン あの頃欲しかった愛のこと』(Thirteen 2003)のサウンドトラックで注目されて、カナダのグラミー賞に当たるジュノ賞の、2004年新人賞にノミネートされました。

高校卒業後バンクーバーでバンドを組んで音楽活動をスタートしたあと、ニューヨークに移って1996年に最初のアルバム"Tidy"をインディペンデントリリース。スペイン語やフランス語のラップも入っているそうです。その後メジャーレーベルとの契約もしましたが、その会社の合併の時期と重なってうまく行かず、2000年に出した2枚目の"Tune Up"もインディーズからでした。

2001年にガールズバンドのインディーフィルム"Down & Out with the Dolls"にバイセクシュアルのドラマー、レジー役で出ています。

Kinsta2

『Lの世界 シーズン1』ではアルバム"Sun Again"(2003)から5曲も使われました。そのうち"Sun Again"と"Alright"の2曲は、どちらもジェニーとマリーナのラブシーンで流れるというインパクトのある使われ方。アダルト過ぎかどうかよくわからないので、見たい人は下のをコピペしてYTで検索してください。

・The L Word - S101 - Sun Again 
・The L Word - season 1 - episode 7(part 4)  (2:50くらいから "Alright")
このアルバムはサウンドもヴォーカルもクールでセンシュアルで、なかなかいいです。都会の夕景とか薄暗いバーとかにも合いそうな、チルアウト系の音楽。

キニーがAfterEllen.comで言っているように、"Sun Again"はメローで、2006年リリースの"Anything"になると少しロック寄り。それから彼女は、友人でグラミー受賞のサウンドプロデューサー、トリーナ・シューメイカー(Trina Shoemaker)といつか仕事をしたいそうです。 Peace. ピース

"Sun Again"(2003)
Kinsta3YTのMV
Another's Gone 新曲
Sun Again ライブ 
Alright 『恋するアナベル』ファン作のMV。
La La Le La La ティーガン&サラのティーガンと。
Nearer
Anything
Down & Out with the Dolls - Trailer 映画のプロモ。



オンプB2 Kinnie Starr - Sun Again

ファンのMV。

"Anything"(2006)
Kinsta4MySpace ブログが更新されていて、公式サイト化。
Wikipedia
AfterEllen.com インタビュー記事
Amazon

追記:2010/08/07
バンド Digging Roots (MySpace)のアルバム"We Are"がカナダのジュノ賞を受賞。"Spring To Come"(YT)という曲はキニーをフィーチャーしています。







スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © eureka moment. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。