スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Scream Club
Scclu1Scream Club スクリーム・クラブ
ワシントン州オリンピア出身のエレクトロパンク・ヒップホップデュオ。この人たち、微妙に色物っぽい匂いがしててはじけてます。声のバランスとビート感がいいです。

えー、イメージ戦略がどうなっているのかわかりませんが、下に貼り付けたミュージックビデオに向けてギャップの少ない写真を選びました。で、右のライオットガール系から下の演歌の花道風、そしてその下のナニワ金融系へと展開しちゃったわけです。

下の男の子っぽいのがシンディ・ワンダフル(Cindy Wonderful)で、隣がサラ・アドーラブル(Sarah Adorable)。 名前もすごくない? ワンダフル=素晴らしい、アドーラブル=かわいいって ・・・ ま、いいですけど。二人はもと恋人同士。

Scclu2マイスペースに載っている説明によれば、 "PEACHES (ピーチズ) とヴァニラ・アイスの落とし子で、Biggie Smalls を祖父に Darby Crash をいとこに持っているような" 音楽だそうです・・・?

聴いた感じではエレクトロパンク+ヒップホップ+ラップ+ちょっとアナーキーなダンス系といった感じかと。二人とも'80年代の音楽が好きとのこと。

シンディとサラは、シンディがオリンピアに引っ越してきて3日後にポルノショップで出会って即付き合いはじめ、6ヶ月後にScream Club を結成。シンディは以前 Rainbow Sugar というバンドにいたこともあって、ソロで活動するよりも誰かと組みたいと探していたら、サラが音楽をやっていてOKしたとのこと。二人の恋愛関係は3年ほどで終わりましたが、その後は親友のカテゴリーへとスライド。

Scclu3Scream Club はダンスクラブなどでの観客参加型のパフォーマンスが受けて、カルト的なファンを獲得しているそうです。YTでライブを見ると学園祭みたいなチープ感漂っていますけど、エネルギッシュだし踊れるし、触れ合い広場的 (nHkか) にMCがうまいとなかなかいいかも。 サウンドはジェンダーもセクシュアリティも越えて受けてるみたいだし。

シンディはインタビューで音楽の力を信じていると言っていて、人が何と言おうと自分を信じてやりたいことをやれ、自分達にもできたんだからみんなにもできると言っています。

2枚のアルバムをリリースしていて、"Don't Bite Your Sister"(2004)と、"Life of a Heartbreaker"(2006)。どちらも参加アーティストがけっこう有名どころで、1st にはRachel Carns (The King Cobra)、Beth Ditto (The Gossip)、Mirah など、2枚目にはPeaches、AWOL One、Busdriverなどです。

Scclu4シンディはファンタジーが現実になるという、おかしな4分間のレズビアン・ショートフィルム "Dream of an ex-girlfriend" (2007)に出演したそうです。Peace. ピース

"Don't Bite Your Sister"(2004)より3曲ほどMVを
Don't Fuck With My Babies
And You Belong シンディがプロデュースしたMV。古巣のRainbow SugarのAmy Fantasticが参加。
If You Want It ザ・ゴシップのベス・ディットーが出ている。アートがおもしろい。


オンプB2 Scream Club - I'm Going Crazy

これ、曲もMVもいい。 2:26のカップルはエレンご婦婦。"Life of ~"より

"Life of a Heartbreaker" (2006)
Scclu5Scream Club 公式サイト 目がチカチカします。
MySpace
MusicRemedy.com バイオグラフィ
ROCKERZINE Interview インタビュー記事
THEDARTMOUTH.COM 記事
CRUNKS NOT DEAD シンディたちのレコードレーベル
CRUNKS NOT DEAD MySpace
Amazon








スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © eureka moment. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。