スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NYカンタービレ
PFB1Puccini For Beginners (2006) プッチーニ・フォー・ビギナーズ オススメ度 ★★★ 3/5

プッチーニが "カンタービレ"になっちゃって、またまたおもしろい邦題。(笑) でもオペラもそんなに出てこないし、邦題のほうがいいかも。ニューヨークを舞台にして歌うように進むラブコメ、です。

2ガールズ』(1995)のマリア・マジェンティ監督の長編二作目。主役のアレグラを決めるのに苦労したらしくて、ちょっと難しい役柄なのでわかるような気がします。

アレグラ役のエリザベス・リーサー(写真下)はキュートな感じを出していて、この役をむしろ救っているのかもしれません。笑えるところもあるし、テンポもアレグロ(音楽用語で "陽気で快活" )で、役者たちもいいのでさらっと見られるんですけど、見終わってなんとなく、ん?何だったんだって感じが残るというか・・・。

PFB4オペラ好きでレズビアンの作家アレグラは、コミットメントの問題で恋人のサマンサに振られてしまいます。その反動で関係を持った相手が、パーティーで会った趣味の合う大学教授の男性フィリップ。すると今度は、映画館で知り合った女性グレース(写真下右)とも成り行きで付き合うことに。綱渡りのような状態になったアレグラは、その男女がなんと別れたばかりの元恋人同士と知って愕然とします・・・。

PBF2

この映画、レストランや電車の中で周りの人が話しだしたりするところとかウッディ・アレンの『アニー・ホール』("Annie Hall" 1977)風と言われていて、そう言われればそうかなあと・・・微妙な皮肉とかジョークとかわかってないのかもしれないんですが、私はウッディ・アレンと言えば神経症的な強迫観念でしゃべりまくるというイメージがあって、この作品にもそういう極端さがあってもよかったような気がします。

PFB3ネタバレ: 実際、主人公がコミットメント恐怖症で優柔不断で、いまやバイセクシュアルというのがいまいち共感しにくいんですね。それとハッピーエンドになる相手はサマンサ(写真右)なんですけど、その話が最初と最後にしかなくて、どういうこと?って思うんです。あいだの三角関係は成長のためのカタリスト? うーん、なんかあんこが頭としっぽから出ちゃった鯛焼きみたいで・・・腑に落ちません。(笑)

PFB6あとオペラは、最初みんなで見ているのはプッチーニの『トゥーランドット』からトゥーランドットのアリアが少しと、フィリップと見に行く話のバックでモーツアルトの『ドン・ジョヴァンニ』がちょっと響くくらい。あまり期待できないですね。Peace. ピース



フィルム Puccini For Beginners

予告編。

PFB5Puccini for Beginners playlist プレイリスト
Veoh-pt1 pt7まで?? 最後の10分ないです。(!?)
NYカンタービレ 東京L&G映画祭 '07
IMDB
Wikipedia
Logo official site 公式サイト
AfterEllen.com
Review






スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © eureka moment. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。