スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
四角い恋愛関係
IMaY1Imagine Me & You (2005 UK)
オススメ度 ★★★★ 4/5

2005年制作のイギリスのロマンティック・コメディ。すっきりとまとまった、お洒落でさわやかな映画です。

これはなんと言っても二人の女優、パイパー・ペラボ (Piper Perabo 写真右) とレナ・ヘディ (Lena Headey) がきれいで、普通の延長線上に夢を描いているところがいいです。

ほのぼのした家族の感じとか、気の利いた会話、お花屋さんの雰囲気、二人のファッションなど、さりげない魅力がいっぱいあって見ていて楽しい。それに嫌な人が出てこなくてハッピーエンド。たまにはこういうL 映画もなくっちゃね。  

ちょっと手抜きで、オフィシャル・サイトのあらすじを意訳させていただくと・・・。

この映画は結婚式の当日に恋に落ちてしまった女の子のお話。ヘックとレイチェル(写真下)は若い幸せなカップル。今まさに人生をともに歩み始めようとしています。ところが教会のなかで、予期せぬゲストに目を奪われてしまったレイチェル。その瞬間、もしかしたら私の相手はヘックじゃないかもしれない?、と思ってしまいます。

IMaY4もちろんそんなことは試してみないとわかりませんね。恋の魔法にかかったことのあるラッキーな(またはアンラッキーな)人なら誰もがよく知る、ロマンティックでユーモアに富んだ、ときに胸の痛む旅の始まりです・・・。

とまあこんな感じですが、これね、ちょっとヘックが気の毒なのがネック。(笑) こういうシチュエーションだと身を引くほうがかわいそうに決まってるんですけど、描き方ってあると思うんです。私の希望としては、もう少しコメディ的にピンと来る、おもしろい現実認識の仕方をヘックには見せてほしかったです。

ラストに少しそれが出ていたけど、逃がした魚は大きいぞ、みたいな方向でもよかったかも。ま、それだと私の好きなおバカなコメディ路線になって、せっかくのおしゃれな映画が台無しなのかもしれませんが。

IMaY3監督脚本ともにOl Parker という男性で、哀愁漂ってるほうが映画が落ち着くと考えたのかもしれませんね。L 映画で監督と脚本のどちらも男性というのは珍しくて、思いつくところでは『中国の植物学者の娘たち』くらい。監督だけなら『Kissingジェシカ』とか 『Love My Life』もそうです。・・・って、だからどうってことでもないんですが。

あと邦題の"四角い"ってなんか変じゃないでしょうか。1角は遊び人のただの男友達なのに。DVDのパッケージに4人並んでるから? 原題はラストシーンでもかかるThe Turtlesの曲、"Happy Together" の出だしの歌詞から来ているわけで。"Happy Together に花束を" くらいにしておけばよかったのに・・・ハハ、冗談です。

レイチェルのお父さんはなかなか冷めたユーモアがあって笑えます。パイパー・ペラボは『翼をください』(2001)のときとはぜんぜん違って都会のお嬢様風。レナもそうですが、どちらもカエルのマスコットみたいに大きな口が開放的で、可愛い!Peace.ピース

The Turtles - Happy Together 1967年リリースの曲。
Lena Headey as Sally Selton レナ・ヘディ(リナ・ヒーディ)が "ダロウェイ夫人"(Wiki 日)で若い頃のサリー・シートン役をやっているシーン。

IM&Y5



フィルム Imagine Me & You

予告編。

IMaY6Official site
四角い恋愛関係 Wikipedia(日)
Wikipedia (英)
AfterEllen.com Review
Subtitles 英語字幕
Amazon 日本語字幕つき予告編有り








スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

「四角い」としたところに、異性愛主義的対幻を嗅ぎ取ってしまいますね。 予期されるストーリーとして、友達同志のカップルも。。。ってことですよね。たぶん。
LGBTはこういうのに結構ゲンナリすると思う。ゲイの私なら、二人は友達として描く。あえて。
そして、どっちかは同性のパートナーを選んで、もう一人は異性のパートナーを選ぶなんて設定をしてみたい。
son of Lauren | URL | 2008/12/25/Thu 14:22 [編集]
どうもです。たしかに、採算を考えてか、ヘテロを意識している感じありますよね。まあそれはそれで、・・・それはそれで。(笑) もう何とも言えません。おもしろければ別にいいんですけどね。

これはちょっと、男性だけ微妙にリアル(というか主観的?)にしたせいで、焦点がボケちゃたような。もう少しそれぞれの関係を描くか、男性も洒脱にして粋なコメディにするとかしないと、せっかくの女優二人がもったいない気がしましたね。e-116
reka | URL | 2008/12/26/Fri 01:41 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © eureka moment. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。