スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Little Black Boot / Promtroversy
短編をまたふたつご紹介。どちらも画像がイマイチなのが残念ですが、主人公たちが可愛いし、ハッピーエンドなので。オススメ度 ★★★★ 4/5

LBlBo1Little Black Boot (2004) 16分
リトル・ブラック・ブーツ
これはL.A.の高校を舞台にした、レズビアン版シンデレラ・ストーリー。

今回の2作はどちらもPOWER UP の制作で、"April's Shower"に出ていたハニー・ラブラドールのプロデュース。また『Lの世界』で弁護士役をしていたジェーン・リンチが2作とも出ています。Tokyo Wrestling のインタビューにその辺のことが。ジェーンはここでは意地悪でコミカルな継母の役で、楽しそうです。

ネタバレ注意
高校でプロム・パーティに行かないのはシンディとゲイ友のジャスティンくらい。そのことでシンディは継母と連れ子の姉たちにさんざんバカにされます。でもプロムの夜、ジャスティンが彼女を男の子の格好に変身させ、12時までに返す約束で父親の車も調達してくれます。おかげで誰にも気づかれずに、憧れのローリーと踊ってキスしたシンディ。でも12時が近づいてあわてて帰ろうとしたそのとき、ローリーと一緒に脱いでいた黒いブーツの片方が見当たらず・・・。

LBlBo02これはキャストの可愛さにつきます。ローリー役(写真右)にはダニア・ラミレス。スパイク・リー監督の『セレブの種』(Wiki)(She Hate Me '04)でもレズビアンを演じていて、可愛くて魅力的でしたね。"X-Men" というTVシリーズではカッコいいです。ちょっとジェニファー・ビールズに似てるんじゃないかと。X-Menの写真(AfterEllen.com)

コレット・バーソン監督の作品。この人は他に『エクスタシーをさがして(Coming Soon)』('99)という長編も撮っています。

veoh Little Black Boot
YT Little Black Boot 最初の2分だけ
POWER UP
IMDB
DVD Power Up この作品は「GIRLS ON FILM 3 DVD」のほうに



promTr1Promtroversy (2005) 12分 
プロムトラヴァシィ 
このタイトルは造語? "prom" + "controversy" でプロム論争ってことかなと。内容的にはそんな感じですけど、違ってたら教えてください。

私的にはラッキーな掘り出し物の1作。すごくおかしくて好きです。

こういうのをモキュメンタリー(mock documentary)と言うらしくて、ドキュメンタリーのスタイルを借りた風刺的なコメディ。レズビアンがプロムに行くことについて取材カメラ向かって話す人たちを、役者が演じています。本音と建前のズレとか、人の目を意識した劇場型のカッコつけ方のほころびとか、広く浅く、テンポよくまとまっていて、よく考えられた作品。

オハイオ州シャーマン・ヴァリーにやってきたプロム・パーティの季節。今年はちょっと一味違います。地元の高校で唯一名の知れたレズビアンのキャシーが、学校一の人気者ティファニーからプロムに誘われたのです。幼なじみのティファニーのことが大好きなキャシーは大喜び。一方のティファニーは、プロムクイーンの座を狙っているのにボーイフレンドの都合で誰とも行けなくなってしまい、キャシーがいたと思いついたわけで。このことを知った学校や父兄のみなさんの意見を取材してみると・・・。

promTr2これはなかなか考える種がいっぱいあって、批判精神もあるし、しかもエンタテイメントとして温かみのある作りなのが素晴らしいです。周りをそれなりに信頼して自分らしく生きるティーンのアウトレズビアンと、周囲の人たちのちょっとおかしな言動――カミングアウト後の不思議な世界といった感じもして、社会のなかにある問題が垣間見えます。

監督は"Go!Go! チアーズ"などを共同プロデュースしたリアンナ・クレール。彼女は10代から女優として活躍していて、現在はプロデューサーや監督などの仕事が多いようです。カリフォルニアで同性婚が認められたときに結婚して、相手の方が生む形で息子が一人います。

ネタバレ注意
ジェーン・リンチが演じるのが"憂慮する父兄"代表のMimi Nimby。このNimbyというのはnot in my backyard の略で、ごみ処理場などよそに建てるのはいいけど、うちの近くはダメって言う身勝手な人。異質なものを排除しようとしています。あとマイノリティの権利を主張する黒人女性活動家が、レズビアン&ゲイが黒人の人権擁護の闘いに便乗して、まるで"ニュー・ブラック"みたいな顔をして注目を集めてると怒ってるのもおかしかったです。

キャシー役の子がアレックス・パークスに似ていてキュート。最初の"ゲイとストレートの協調"の話のところで、生徒と先生の顔にモザイクがかかっているのがなんか笑えました。あれは、ストレートの本音は協調したくないってことなのか、それとも協調しているところを人に見られたくないってことなのか・・・?(笑) たぶんこれは、キャシーがカメラに向かってする話と現実はかけ離れていて、ゲイ・ストレート・アライアンスなんてここにはないってことですね。(笑)

今回は2作ともプロム・パーティの話ですが、アメリカのゲイの高校生にとってはプロムってけっこう厄介なのかもしれませんね。Peace. ピース



フィルム Promtroversy

imeemのビデオは削除されたので、YTにアップしてある最初の2分。

ジェーン・リンチ
promTr3Leanna Creel Wikipedia クレール監督について(英)
POWER UP
IMDB
DVD Power Up "Promtroversy"は「GIRLS ON FILM 4 DVD」のほうに







スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © eureka moment. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。